ガス代を抑えるために、オール電化にしたりガス会社を変えたりという工夫はできます。

しかし、どうしても変更が効かないのが「水道」ですよね。

無駄を省いて、効率よく水を使って「水道代」を減らすには、どうしたらいいのでしょうか。

「お風呂」での効率的な方法

やはり水道代の割合を大きくしめるのは「お風呂」での使用量です。

かと言って、お風呂に入る回数を減らしたり、きちんと洗い流さずに出ることは不可能ですよね。そこでおすすめなのが、節水タイプのシャワーヘッドです。

・節水(水圧で水量をコントロールする等)できる
・手元で水の出をコントロールできる

シャワーヘッドを交換する際には、この2つのポイントを覚えておきましょう。

シャワーを連続で15分以上浴びる場合、湯荘にお湯を貯めるのと同等の水量を使用するといわれています。しかし給湯器によっては、一旦お湯を留めてしまうとガスが切れてしまい、再びお湯を出す時にしばらく温度が低い状態になることがありますよね。

これを防ぐためにお湯を出しっぱなしにしているなら、すぐに手元で切り替えできるシャワーヘッドに交換してください。コックは開いているので、シャワーヘッドで水量を調整しても温度は変わらずに使用できます。




「トイレ」での効率的な方法

トイレの節水方法といえば、貯水タンクにペットボトルなどを入れて水量を減らす方法がありますが、あれには注意が必要です。

そもそもタンク内の水量というのは排泄物を流し切るために必要な容量がはいっているため、むやみに減らしていいものでもないんです。

それよりも、「大」と「小」の切り替えスイッチを正しく使うほうがよっぽど安全で節水になります。

「大」と「小」では、約2lの水量の違いがあるので、家族数が多ければ多いほど、その違いは顕著に現れます。

また最新式のトイレでは、水流に工夫をすることで少ない水量でも効果的に排出するように設計されているものもあり、あまりにも古い装置をお使いの場合なら、装置ごと交換するというのも一つの方法です。

「食器洗い」での効率的な方法

これはガス代の節約のときにもご紹介しましたが、汚れ物は一旦洗い桶につけておくというものです。

ひどい油汚れやこびりつきは、水を流しっぱなしで洗うよりも一度つけ置きたほうが早く落ちて節水になります。

また、お米をといだ時の研ぎ汁には油を分解してくれる効果もあるので、洗い桶に研ぎ汁をためておくことでさらに節水効果に繋がります。

ちょっと設備や場所などの問題もありますが、最近の食洗機はかなり優秀です。手洗いに比べると1/10の水量で済むものもあり、家事の時短にも繋がりますね。

水はどうしても使わなくてはならないものです。しかし、使用量とほぼ同量分の下水道代もかかってしまうのでかなり切実です。

トイレやお風呂を我慢するといったことではなく、当たり前に生活する中のちょっとした工夫で、水道代の節約を始めてみませんか?