プロパンガスと都市ガスでは、圧倒的に都市ガスがローコストですが、ではプロパンの方が都市ガスに切り替えるとなるとかなり面倒だしコストもかかります。

そんな大がかかりな節約をする前に、現状を見直してみませんか?

お風呂で節約

ガス代の大半を占めるのは、実はガスコンロではなく『給湯器』にあるのをご存知ですか?

この給湯器の使い方しだいで、年間1万円近い節約ができるかもしれないんです。

設定温度はこまめに変更

湯船にはるお湯の温度と、シャワーで使うお湯の温度をその日の気温や季節でそれぞれ個別に設定してみてください。

1回の利用料の差は数十円ですが、シャワーなど毎日はいる場合年間に換算すると数千円の差になります。

ちなみに我が家のシャワー温度は、子供たちは暑がりなのでぬるめの38℃で私は40℃です。設定を変えるのが面倒で40℃に水を足して子供たちは浴びていましたが、温度設定を変えてから若干ですが安くなりました。




湯量は少なめに

湯船のお湯を少なくすることで、給湯器が動いている時間を短縮できます。

また、シャワーも毎回コックをひねると温度が変わって嫌だと流しっぱなしにしないで、シャワーヘッドにストップボタンがついている節水タイプに交換してみてください。

これだと、ガス代だけでなく水道代の節約にもなります。

追い焚きは最小限に

家族が多く、ある程度年齢が言っている場合生活リズムもバラバラでお風呂の時間もまちまち。そんな時は、毎回追い焚きをしていたりしませんか?

本当はお風呂に入るタイミングを揃えるのが一番ですが、そうも行かない時は追い焚きよりも熱めのお湯を注水しましょう。

水道代が気になるところですが、毎回追い焚きをするガス代に比べると遥かに安く済みます。

食器洗いで節約

どうしても油汚れがひどかったり、冬の寒い日にお水で食器を洗うのはちょっと抵抗があります。でも、ひと手間かけるだけでお湯を使う量も時間も減らせるんです。

まず洗い桶を用意します。そこに少量の洗剤を予めいれておいて、汚れ物はその中に浸かるようにしていきます。(お鍋やフライパンなど、桶に入らない場合はそのものに水を張って洗剤を少し入れておきます)

器についたこびりつきや汚れは、つけておくとスポンジで擦った時に案外簡単に落ちるもの。

全部を洗い終わったら、一気にお湯で泡を洗い流していけばOK。

ダラダラとお湯を出しっぱなしにしないでもきちんときれいになるので、やはりガス・水道両方の節約です。

料理中も節約

こちらのサイトで『時短家事<料理編>』でもちょっとご紹介しましたが、温める料理すべてをコンロで行う必要はありません。

湯がく・蒸す・蒸す等の調理の場合、コンロで行うよりも電子レンジを使ったほうが早くて簡単にできるものがおおくあります。

また、煮物は長時間コトコト煮込むイメージですが、圧力鍋を使ったり、保温に優れた土鍋や鍋ごと入れられる保温カバーを活用することでガスの使用量を抑えることもできるんです。

ガス会社の見直し

最近ではCMなどでも多くのガス会社を目にします。プロパンから都市ガスなどへの変更はかなりの費用を要しますが、プロパンの契約会社を変更するだけなら案外簡単にできるものなんです。

近隣のガス会社の一括比較ができるサイト節約ラボ等)などもあるので、一度ご自宅の契約会社の見直しをされてみるのもいいかもしれません。

「うちのガス代高くって…」なんてつぶやいた日には、みんなが口々に話し出すような身近な話題です。他のご家庭の状況や、お互いの節約術の情報交換など、節約もぜひ楽しみながら続けてみてください。