ヨラドッグフードはパグでも大丈夫?愛犬にぴったりの餌の選び方

ヨラドッグフードはパグに食べさせても大丈夫なのでしょうか?

パグは食欲旺盛で元気いっぱいの犬種ですが、太りやすいところも特徴の一つです。

動き回ることが大好きなパグですが、ちょっと運動させないだけであっという間に太ってしまいます。

太るといっても筋肉が脂肪に変わってブヨブヨの体型になってしまいます。

筋肉質なパグにヨラドッグフードがおすすめな理由や皮膚が弱くデリケートな犬種にも合う理由についてまとめました。

ヨラドッグフードはパグに合う?

ヨラドッグフードには良質で吸収の良いタンパク質が豊富に含まれているためパグにはぴったり合った餌といえます。

パグは残念ながら皮膚病になりやすいので、購入前にアレルギーの原因になりやすい食材が含まれていないことを確認するようにしたいですね。

ヨラドッグフードは

・豚肉や牛肉
・魚
・小麦
・大豆や乳製品
・添加物

など、パグのアレルギーの原因となりやすい食材は含まれていません

低アレルゲンのドッグフードなので安心です。

パグのためのドッグフードの選び方

パグは短頭種でシワの多い顔立ちをしていますよね、体型はコロコロしていて太りやすい体質です。

そんなパグに合うドッグフードを選ぶ際に注意しなければいけない事がいくつかあります。

パグには良質なタンパク質が必要

パグは筋肉質な体型ですが脂肪の率もとても高い犬種です。

痩せたパグを見ることはほとんどありません。

それはパグの理想とされる体型がやや太り気味の方が良いとされているためです。

パグはとても元気で毎日運動を欠かすことができない犬種ですが、運動できない日が数日続くだけであっという間に筋肉が脂肪にかわってしまい、体型がコロコロに太ってしまいます。

パグは体型も独特なので、低脂肪で低カロリーで特に質の良いタンパク質の摂取が必要なのです。

パグは皮膚病にかかりやすい

パグは特徴的な皮膚を持っています。

アレルギー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎などにもかかりやすいので、ハウスダストやダニなどには注意が必要です。

特に食べ物からのアレルギーに反応して皮膚トラブルを起こすことも多いようです。

食べ物のアレルギーはその他の不調の原因になっていることもあるので、ドッグフードに含まれる材料をチェックする必要があります。

パグの餌は消化の良いものを与える

パグの胃腸の働きを弱らせないためにも分解しにくいタンパク質や、化学物質などが含まれていないドッグフードを与えるようにします。

消化の悪い食事はパグの胃腸に負担がかかってしまうので、腸内環境を悪化させて便秘や下痢の原因になります。

脂肪分が少なく、アレルゲンを含まない消化に良い餌を選ぶようにすることが最も重要です。

ヨラドッグフードの特徴

ヨラドッグフードは「昆虫」からとれる良質なタンパク質からできていますが、そのほかにもたくさんの特徴があります。

低アレルゲン

ヨラドッグフードは肉や魚をしていません。

昆虫から取れるタンパク質のみを使っていますが、昆虫から取れるタンパク質は低刺激で消化にも良く、アレルギーの原因になりにくいと言われています。

食物性アレルギーのあるワンちゃんの栄養を補給するためには動物性タンパク質が必須です。

昆虫は豚や牛と違って飼育時にホルモン剤や抗生物質を一切使用していないので、アレルギーの原因となる残留物を含まないところも特徴です。

また、小麦に含まれるグルテンもフリーです。

栄養価が高い

研究の結果、ヨラドッグフードの昆虫の栄養は肉類よりも高いことがわかっています。

タンパク質やビタミン、ミネラルに加えてオメガ3や6など、豊富な栄養で吸収率も高いといわれています。

ヨラドッグフードがパグにおすすめの理由

ヨラドッグフードが特にパグにおすすめの理由は

・アレルゲン成分がカットされている
・栄養価が高い
・原料の仕入れから製造まで全て管理されている

このように皮膚が弱く、太りやすい上に良質なタンパク質が必要なパグにはぴったり合ったドッグフードなのです。

 

>>ヨラドッグフード公式サイト