ヨラドッグフードは昆虫食!ヨーロッパで大注目の虫から摂る栄養素

 

ヨラドッグフードはペット大国イギリスで生まれた愛犬や環境にもとても優しいペットフードとして注目を浴びています。

愛犬の健康やペットフードが地球環境に与える影響などを考えて原材料に『虫』が使われています。

現在では昆虫食が次世代の食事として人間の食事としても少しずつ認知度が上がってきています。

虫が地球の生物を救う!?時代が近い将来やってくるかもしれません。

ヨラドッグフードに使われている『虫』の素晴らしい栄養価について解説していきます。

ヨラドッグフードが虫を使っているわけ

ドッグフードの原材料を肉や魚から虫にすることによって愛犬の栄養と地球環境にとって素晴らしい変化があることがヨーロッパの研究によってわかってきました。

虫を使ったドッグフードの栄養価

昆虫食から得られるタンパク質が、今や肉や魚を超えたという研究結果が発表されています。

ヨラドッグフードに使われている虫から取れる良質のタンパク質は鶏肉よりも吸収率が高いこともわかっています。

実際に虫から取れる栄養価は良質のタンパク質以外にも

  • 亜鉛
  • カルシウム
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 食物繊維
  • オメガ3
  • オメガ6

必須タンパク質や脂肪やミネラルなど、動物にとって必要な栄養素が消化しやすい形で入っています。

他にも注目したいのは家畜は飼育する過程でホルモン剤で成長を促したり、病気を防ぐために抗生剤などが使用されています。

このような薬品は肉の中に残留しており、食物アレルギーなどの問題を引き起こす原因にもなっているのです。

しかし、虫は飼育過程でそのような薬品を使う必要が一切ありませんので、残留薬品の心配もありません。

虫を使ったドッグフードは低アレルゲン

ヨラドッグフードに含まれるタンパク質は虫のみの単一タンパクで消化の良い低刺激です。

虫由来のタンパク質は肉類などアレルギーの原因になりやすい食材と比べるとアレルギーになる確率が低いとされています。

また、ヨラドッグフードには小麦やグルテンなども一切含まれていません。

小麦などのグルテンアレルギーに悩まされるワンちゃんにも安心して与えることができます。

ワンちゃんの食いつきを良くするために使われることの多い香料や着色料も一切使用されていませんが、虫の香りが愛犬の食欲をそそり、食いつきもとてもいいと評判です。

ヨラドッグフードに使われている虫以外の原材料

その他にはジャガイモや食物繊維が豊富なオーツ麦、奇跡のやさいと呼ばれるビートなどが原材料として使用されています。

ジャガイモは消化しやすい炭水化物で、ビタミンCやカリウムなどが含まれます。

オーツ麦はGI値が低く血糖値を下げる食材です。

食物繊維やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれており、愛犬の腸内環境を整える働きをします。

奇跡のやさいと呼ばれるビートは私たち日本人にはあまり馴染みがない野菜ですが、マグネシウム・鉄・亜鉛の他にビタミンB類や葉酸などが含まれています。

ドッグフードに虫を使うと地球環境にいい

なんと、全世界で私たちが食べている肉の約20%がペットフードとして消費されています。

家畜を育てるために必要な土地、温室効果ガスの排出量、水の消費量なども地球温暖化などの問題を引き起こす原因の一つになっています。

10kgの動物性タンパク質を生産するために食用の虫を飼育する場合、必要な土地は牛などの家畜に比べるとわずか2%という研究結果が発表されています。

ペットフードの原材料を虫にすることで肉の消費量を現在の20%から12%まで減らすことができると考えられています。

動物性タンパク質を体内に取り込むためのお肉の代替え食品として、虫は生産効率も高く地球環境を悪化させる原因を減らすことができる、次世代の食材としても注目されているのです。

ヨラドッグフードに使われている虫は安全なの?

ところで、ヨラドッグフードに使われている虫は愛犬にとって安全なのでしょうか?

ヨラドッグフードの原材料はアメリカミズアブという虫の幼虫です。

ハエの仲間だそうで見た目はかなりグロテスクですが、ヨラドッグフード のパッケージには可愛らしくデザインされています。

ヨラドッグフードで使用されている虫はオランダにある世界最大の食用昆虫工場から仕入れられています。

原材料、生産、そして最終製品まで徹底して管理されているのです。

製造はイギリスの欧州ペットフード工業会連合の基準を満たした専門工場なので、ドッグフードとはいえ安心のおける施設で製造されていることがわかります。

まとめ

愛犬にも安全で栄養価の高い餌を与えたい、しかしアレルギーや好き嫌いのあるワンちゃんに与えるドッグフードを探し当てるのは至難の技です。

ヨラドッグフードを通して、動物を飼う飼い主さんも愛犬とともに地球環境にも貢献できるというのは素晴らしい考えなのではないでしょうか。

ヨラドッグフードが必要な栄養素を肉や魚ではなく虫からとることを研究し開発したのは、愛犬の健康と地球環境への思いを両立させたかった開発者トムの思いが込められているのです。

 

>>ヨラドッグフードの公式サイトはこちら